消費者金融に申し込み出来る条件

カードローン審査や、消費者金融業者は、お金を貸して、元本とともに利息を弁済してもらうことで利益を上げています。つまり、きちんと返済することができない人に対して融資をしてしまえば、利息を得ることのみならず、元本さえ返してもらうことができなくなります。そのため、消費者金融の申し込み条件は、安定した収入のある20歳以上となっています。上限は、60歳から65歳の範囲内となっていることが多いです。上限が定められている理由は、老齢になると収入がなくなることが多いからです。また、高齢者がなくなれば債務も相続されますが、相続放棄をされれば返済をしてもらうことができなくなります。こういった事情から、定年以降の人に対して融資をしている消費者金融はありません。
また、20歳未満であっても、働いている人がいるのにも関わらず、年齢の下限が20歳になっているのは、民法上の規定によります。民法では、20歳未満の人がした法律行為はいつでも取り消すことができるとされています。これは強行法規であり、当事者の同意で排除することはできません。そして、解除したのちに、20歳未満の人が返還するべきなのは、現に利益を得ている限度です。つまり、浪費をしてしまった場合には返還義務を負わないこととなります。要するに、20歳未満の人に対して貸すと、取り消しによって貸し倒れてしまう可能性があるため、条件に入れられていません。ただし、学生ローンなどは、20歳未満に対しても少額ではありますが、融資をしています。