夜の仕事でお金を借りる!審査は通る?

カードローンを利用してお金を借りるには審査に通らなければなりません。このときに職業が夜の仕事であると審査に落ちてしまうという話があります。これは完全に嘘であるということはありませんが、夜の仕事でもお金を借りることができる場合も少なくありません。
お金を借りるときに重要となるものが返済能力です。特に消費者金融を利用する場合には総量規制の制限があるため年収の3分の1までしか借りられず、収入を得ていることが必須条件になります。総量規制の対象外である銀行は収入不問で借りられるカードローンもありますが、多くの場合は収入がなければ審査に通りません。
この返済能力は単に収入が多ければ良いというものではなく、金額よりも安定性が重視されます。夜の仕事の場合は安定性が低いと見られることがあり、お金を借りる審査に通らないことがあります。しかし、夜の仕事であっても不安定であるとは限らないため、長期的に勤務を続けていれば安定性が認められ、お金を借りることができる場合があります。
ただし、銀行カードローンを利用する場合には注意が必要です。消費者金融と比べると審査が厳しくなっているため、利用条件にパートやアルバイト、夜の仕事などは対象外であると明記されているものもあります。このようなカードローンでは長期的に勤務を続けていたとしても、利用条件を満たすことができないので申し込んでも審査に通りません。この場合は諦めて、職業による制限のない銀行カードローンに申し込まなければなりません。